後継者を育成するために何からするべきか?

ふざけるな!!!

事業が成熟期になって、売上が伸び悩んでいる。市場規模は縮小してきてライバルとの競争も激しさが増してきた。売上を確保、伸ばしていく今後10年の会社の成長を考えなければならない。

また次世代の幹部候補も育てていかなければならないがどうしたものか?幹部候補が新規事業で実績を作ってもらえれば、社内も納得すると思うのだが・・・・。

コンサルタントにお願いしても高すぎるし、本を読んでも、セミナーを受けても、その場は納得するのだが何も行動に移せない。自社に応用するための何かがピンとこない。机上の空論ではなく、実践的なものを求めているのだが・・・・。

本・セミナーの机上の空論に「ふざけるな!!!」と感じたことありませんか?OkinawaCG流のリーダーシップ開発プログラムでは、机上の空論ではなく、現場で実績をあげる知識・ノウハウ・スキルを習得できます。

なぜなんだ?

現場で数え切れない程 「なぜなんだ?」 と感じていませんか?

・なぜウチの社員は行動が遅いのか?
・なぜ同じことを何度も言わせるのか?
・なぜ社員は危機感を全く持っていないのか?
・なぜ社員はやる気が無いのか?やる気を感じられないのか?
・なぜ直感でスグわかることが部下にはわからないのか?
・なぜ新しい営業手法を編み出せないのか?
・なぜ新しいビジネスモデルを創りだせないのか?
・なぜ社員教育するのに、高い研修料を払わなければならないのか?

OkinawaCG流のリーダーシップ開発プログラムでは、社員がやる気を出し、危機感をもって全力で行動し、自ら新しい営業手法やビジネスモデルを生み出せるようになるために現場でのたくさんのなぜ?を解決していく方法を学んでいきます。

もう時間がない!!!

都道府県別総生産成長率をみてみると沖縄は1.07%の成長率で全国一位です。また、沖縄は2025年まで144万人まで人口が増える県です。人口構造をみてみても、将来若者が一番多くなり最も活気溢れる県に沖縄はなっていくでしょう。

このことは、非常に将来展望が明るく魅力的な市場ということですが、企業間の競争においては、将来最激戦区になるかもしれないと想定されている方はどれだけいるでしょうか?

人口が伸びて、経済が伸びているから安泰ではありません。魅力的な市場だからこそ、競合企業が乱参入してきます。自分の業界に競合企業が乱参入してくる前に、準備しておかなければなりません。

2012年8月31日、沖縄タイムスにショッキングな記事がありました。
「大手県内GMS 県内主要卸と取引中止 県外大手卸業者に取引集約 廃業者も」

何からするべきか?

県外資本企業が地元に乱参入してきて、県内資本企業の淘汰が加速していく。我々は何から取り組むべきでしょうか?

それは、県内トップ1%のビジネスリーダーであるあなたのこれまでのご豊富なビジネス経験を棚卸し、これまで積み重ねてきた知識を体系化することです。

あなたのビジネス経験を棚卸し、積み重ねてきた知識を体系化しておくことは、あなたの会社の競争力を伸ばし、経営幹部を育てるという財産になるばかりでなく、地元にとっての財産となります。

あなたはゼロから事業を興し、荒波を乗り越え、現在に至っています。ですから本質を見る目、何が儲かり、何が廃るか、直感でわかることでしょう。ゼロから新しい付加価値を生み出す能力=創業者の直感を体系的に学び習得することがOkinawaCG流のリーダーシップ開発プログラムの目的です。

創業者、社長、経営幹部の経営層のあなたは写真をアルバムで整理するかのようにこれまでのご経験の棚卸、積み重ねてきた知識の体系化をすることができます。

また今後10年間の会社の成長ビジョンを構築し、新たな付加価値を創造していくために、現場で具体的に何をしていけばいいのか?ということを学びます。短期的な成果をあげるノウハウだけで無く、長期的な競争力を構築するために自分のペースで学習を進めていきます。

営業マンが実績を上げるための、次世代の幹部候補を育成するための、社員全員経営のための、ビジネス共通言語化のための、経営現場で実績を上げるための、知識・ノウハウ・スキルを習得します。

OkinawaCG流のリーダーシップ開発プログラムは後継者を育成するためのプログラムでもあります。

●詳細はコチラをクリック!