コピーライティングのコツ。

コピーライティングについて初心者の方は、まずこのレポートを読んで、本などを勉強されるとよいでしょう。コピーライティング中級者以上の方は、さらに売上を上げるヒントを掴めると思います。

コピーライティングとは、ダイレクトメール(DM)、セールスレター、CM、ホームページ等、宣伝広告のために文章を書くことですが、コピーライティングと聞くと、どのようなイメージを持ちますか?

マーケティングコンサルタントや広告会社のプロのコピーライターが持つ特別な技術でしょうか。コピーライティングと聞くと、特別な技術やノウハウのようなイメージを持つかと思いますが、内情は非常にシンプルで、知ってしまえば呆気にとられます。

コピーライティングとは、トップ営業マンがお客さんの前で話す内容を文章にすること。

どうでしょう。開いた口が塞がらないのではないでしょうか?バカ高い教材や、安っぽいマーケティングセミナーに出かけて勉強するなんて、はっきりいってお金と時間の無駄です。自社のトップ営業マンがお客さんの前で話す内容を録音して、それを文章におこすことが最強のコピーライティングなのです。

キャッチコピーが、USPが、ボディラインが、追伸が、リスクリバーサルが、A/Bスプリットが、ジョイントベンチャーが、アドオンが、アップセルが、クロスセルが・・・・

あらゆるコピーライティングのノウハウは、現場の営業にすべて置き換えていけばいい。ちなみに、キャッチコピーは、トップ営業マンがお客さんに話す第一声です。だから、コピーライティングは現場で営業経験がある人のセンスには勝てません。

よって、コピーライティングを勉強したい場合の最高の教材は、営業を受けることです。ダイレクトメールを受ける、通販で物を買ってみる、飛び込み営業を受ける等々。自分で営業して、そして営業を受けて、マーケティングに関する本を読んで勉強するとコピーライティングについて腹に落ちて、自社に応用し易くなります。


フリー(無料)ビジネススクールの詳細はコチラをクリック!

・誰でもフリー(無料)で参加できます。

・グループメンバー(会員)はご自身のお友達を自由に追加できます。お気軽にお友達もご一緒に参加ください。