「憎しみを解放する」方法。

前回は、自分の心にある「憎しみを解放」してコピーライティングすることで成果が変わることをお伝えしました。今回は、「憎しみを解放する」方法をお伝えしたいと思います。

まず正直いって、自分の心の中の「憎しみを解放する」ことについて、私自身完璧にできるわけではありません。過去思い出したくもない記憶がありますし、弱い自分の心と対峙しようと努力していますが毎回苦戦しています。

また、100%完璧にできる人は、この世の中にほとんどいないでしょう。自分の心の中の憎しみを100%コントロールできる人は、インド独立の父ガンジーや、マザー・テレサのような歴史的偉人クラスしかいません。

「憎しみを解放する」ことは、非常に難しく簡単に身につけることはできませんが、逆に言えば「憎しみを解放する」ことを10%でも20%でもできるようになれば、他の人から抜き出ることを意味しています。

よって、少しでも「憎しみを解放する」ことができれば、売上が何十倍から何百倍と変わってくることでしょう。では、憎しみの対処法はどのようにすればいいのでしょうか。

結論から言うと、憎しみに対する、最高にして、最強、唯一の対処方法は「許すこと」です。

このことを、下記の前提順に説明していきたいと思います。最後まで読み進めていけば、自然と「許すこと」ができるようになると思います。

前提

1. 人は持っている「もの」しか、他の人に与えることができない。

2. 他の人に与えた「もの」が返ってくる(返報の法則、類は友を呼ぶ)

3. 「原因」と「責められるべき」を分ける。

4.  自分を助けられる者は、自分しかいない。

1. 人は持っている「もの」しか、他の人に与えることができない。

憎しみという感情は非常に強力な感情です。憎しみは、愛や、思いやり、優しさなどのすべての感情、思考、言動を目に見えない様々な形で、少しずつ、確実に破壊していきます。

いつのまにか、自分の頭の中が、憎しみを考えることでいっぱいになってしまいます。憎い人のことを考えたり、復讐することを考えたり、不幸を願うことを考えたり、憎しみを他の人に転嫁したり、あらゆる形で頭がいっぱいになります。

自分のビジネスについて、愛する家族について、お客さんについて考える時間とエネルギー、言動する時間とエネルギーを奪っていきます。結果として、憎しみによってあたり一面、燃やし尽くしてしまいます。憎しみにピリオドをうたなかったことによって、あることがきっかけで、憎しみがスポット的に炎上するケースもあります。

人は自分が持っている「もの」しか、他の人に与えることができません。お金を持っていなければ寄付できませんし、愛を持っていなければ、愛を与えることができません。知識を持っていなければ、知識を与えることができません。

憎しみは、あらゆる感情、思考、言動を破壊して、憎しみしか残りませんから、憎しみをもっている場合、自分で気がつかない様々な形で、自分を応援してくれる人に憎しみを与える結果となってしまいます。


【参考】

史上最強の人生戦略マニュアル』フィリップ・マグロー(きこ書房)

 

フリー(無料)ビジネススクールの詳細はコチラをクリック!

・誰でもフリー(無料)で参加できます。

・グループメンバー(会員)はご自身のお友達を自由に追加できます。お気軽にお友達もご一緒に参加ください。